スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

胎盤剥離とDIC 

今回の出産で、初めて胎盤剥離って言葉とDICという言葉を知ったmaco・・

先生から説明受けたり、自分でいろいろ調べる改めて危なかったんだと実感・・
妊婦検診も順調だった分、ほんとにまさかの出来事でした。


ちなみに・・

胎盤剥離とは正式名は常位胎盤早期剥離といって、
通常の分娩では、赤ちゃんが生まれてからしばらくして後産として胎盤がはがれるけど、
何らかの異常によりにまだ胎児がいる状態で先に胎盤がはがれてしまう症状です。
胎盤が剥がれると胎児に酸素が十分に送れなくなり、胎児の脳は酸欠状態になり、
胎児は次第に弱まり脳障害が残ったり、死亡する場合も少なくないようです。
(先生がうーたんの脳に障害が残らないように・・といっていた意味がこれですね。)

それから、胎盤剥離を起こすと、胎盤と子宮の間に血液が溜まり、血腫が出来ます
そして、胎盤剥離により母体もこの血腫により血液の状態が変化して、血液が固まりにくい「DIC」という状態を引き起こした場合、出血多量で死亡するなど大変危険な状態になります。

自覚症状としては腹痛や出血や胎動の減少などですが、
どれも決め手になるものが無く切迫早産や通常の陣痛と区別がつきにくいようです。

とりあえず、macoの経験から上記のような症状があった場合には必ず診察を受けるのが一番と思います。

非常にこわい病気で、いつ、誰におこるのか全く予想ができないところが、
医者が最も恐れる病気となっているそうです。
この病気を予測することは未だに不可能だそうです。
原因として、今までは妊娠中毒症がある場合におこりやすいといわれていたけど、
実際には中毒症と関係ないケースが増えてるそうです。
なので、今回のmacoのように健診を受けていても予測は不可能だそうです。
そして適切な予防法もないと・・・。
おこった場合にできるだけ早く診断して帝王切開を行うことが最善のようです。

常位胎盤早期剥離と診断がつくと、多くの場合、胎児の生死にかかわらずただちに帝王切開が行われます。
血液が子宮の筋層内にしみこみ、止血できないなど重症の場合では,母体の救命のために子宮を取ることもあるようです。
(macoはこの症状に近かったため、子宮全摘の話がでてたようで・・全摘にならずよかった。。)

胎盤剥離での胎児の死亡率は結構高いみたいだし、母体もDICを発症してたら死亡率があがるようです・・ 

あと、胎盤剥離を発症した場合には、
反復率が10%と極めて高率となるので次回妊娠には厳重な管理が必要だそうです。


macoは担当の先生から、
『もし3人目を考えているなら妊娠は1年以上、できれはそれ以上あけて。今回33週でおこったから、最低でも26週からは管理入院になるから、子供を誰かにみてもらえる状況を整えるように・・』
と言われました・・

3人目・・
欲しいけど、リスクがかなり高いようだし・・無理かなぁ






スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[2011/10/12 13:33] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://machacoma.blog60.fc2.com/tb.php/455-2e237323


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。