スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

胎盤剥離とDIC 

今回の出産で、初めて胎盤剥離って言葉とDICという言葉を知ったmaco・・

先生から説明受けたり、自分でいろいろ調べる改めて危なかったんだと実感・・
妊婦検診も順調だった分、ほんとにまさかの出来事でした。


ちなみに・・

胎盤剥離とは正式名は常位胎盤早期剥離といって、
通常の分娩では、赤ちゃんが生まれてからしばらくして後産として胎盤がはがれるけど、
何らかの異常によりにまだ胎児がいる状態で先に胎盤がはがれてしまう症状です。
胎盤が剥がれると胎児に酸素が十分に送れなくなり、胎児の脳は酸欠状態になり、
胎児は次第に弱まり脳障害が残ったり、死亡する場合も少なくないようです。
(先生がうーたんの脳に障害が残らないように・・といっていた意味がこれですね。)

それから、胎盤剥離を起こすと、胎盤と子宮の間に血液が溜まり、血腫が出来ます
そして、胎盤剥離により母体もこの血腫により血液の状態が変化して、血液が固まりにくい「DIC」という状態を引き起こした場合、出血多量で死亡するなど大変危険な状態になります。

自覚症状としては腹痛や出血や胎動の減少などですが、
どれも決め手になるものが無く切迫早産や通常の陣痛と区別がつきにくいようです。

とりあえず、macoの経験から上記のような症状があった場合には必ず診察を受けるのが一番と思います。

非常にこわい病気で、いつ、誰におこるのか全く予想ができないところが、
医者が最も恐れる病気となっているそうです。
この病気を予測することは未だに不可能だそうです。
原因として、今までは妊娠中毒症がある場合におこりやすいといわれていたけど、
実際には中毒症と関係ないケースが増えてるそうです。
なので、今回のmacoのように健診を受けていても予測は不可能だそうです。
そして適切な予防法もないと・・・。
おこった場合にできるだけ早く診断して帝王切開を行うことが最善のようです。

常位胎盤早期剥離と診断がつくと、多くの場合、胎児の生死にかかわらずただちに帝王切開が行われます。
血液が子宮の筋層内にしみこみ、止血できないなど重症の場合では,母体の救命のために子宮を取ることもあるようです。
(macoはこの症状に近かったため、子宮全摘の話がでてたようで・・全摘にならずよかった。。)

胎盤剥離での胎児の死亡率は結構高いみたいだし、母体もDICを発症してたら死亡率があがるようです・・ 

あと、胎盤剥離を発症した場合には、
反復率が10%と極めて高率となるので次回妊娠には厳重な管理が必要だそうです。


macoは担当の先生から、
『もし3人目を考えているなら妊娠は1年以上、できれはそれ以上あけて。今回33週でおこったから、最低でも26週からは管理入院になるから、子供を誰かにみてもらえる状況を整えるように・・』
と言われました・・

3人目・・
欲しいけど、リスクがかなり高いようだし・・無理かなぁ






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2011/10/12 13:33] 未分類 | TB(0) | CM(0)

出産レポ 4 

今回の出産は、当たり前だと思ってることが当たり前ではないことを再度実感した気がする・・
とりあえず、術後入院中メモってたこをついでに書いておこう。

28日
9時出産。子宮収縮のためアイスノンのせられ、点滴でもちろん立てず
29日
まだ立てず。呼吸器付けられ、輸血。なんか数値が下がり危なかったらしい・・
ipadでNICUにいるうーたんを見せてもらう
30日
朝から心電図、心エコー、レントゲンと入れ替わり機械と先生が来る
午後から車椅子でNICUへ
うーたんは保育器で管だらけだったけど、触れることができてめっちゃうれしかった。

110616 078


うーたん、通常であれば閉じる動脈管が閉じないため、薬を使用するとのことでサイン
31日
歩いてNICUへ
うーたんは、動脈管開存の薬を使い無事治癒したとのこと
2日
昨日からmaco発熱のため、再度採血。飲み薬から点滴に逆戻り
うーたんには会いに行けず
3日
maco解熱。うーたん、人工呼吸器撤去♪
酸素吸入で補助しつつ自発呼吸に…。薬に含まれてた鎮静剤も使用停止☆
4日
まだまだ管から直接胃にミルクだけど吸てつ反射?練習のため哺乳瓶の乳首でチュパチュパ練習してた
このとき、出産時以来初めて声を聞いた♪
5日
鼻の酸素吸入を取る練習開始。今日は2時間
自分で首を持ち上げようとする
看護師さんがオムツ換えるときに自分でお尻持ち上げる。少しだけど初めてお目目があいたのをみれた(^^)
夕方、初のうーたんのオムツ交換。ちっちゃいし細いしうつぶせだしおそるおそる
…もちろんうーたんもお尻あげてお手伝い(笑)
昨日よりも上手にチュパチュパ
ミルク欲しくて?泣いてた
6日
うーたんが自分で何度も吸入器外すから、看護師さんが問題なさそうなのでちょっと外すからとはずしてくれた
…久しぶりにみた何もつけてない顔はまさかの・・・FUJIWARAの原西!?
macoは今日残りのホチキスを抜糸?。退院日はいまだに未定。taroさんと話してからでないと…ってなかなか許可してくれず・・
7日
お昼に行ったら吸入器はずしてたけどお鼻のかぶれ防止かぶたちゃんみたいにシールが。
今日はあおむけでオムツ交換。おそるおそるさせてもらったけど…おちんちん初対面だし難しい(笑)
夕方行ったら鼻のシールもはがしてた。吸入器なしでいけるとこまで…ってことで10時から吸入器つけてないからシール外したって。めっちゃ泣いてたらしくお顔真っ赤。今日ちゃんとお目目があいてた~
原西ではなかった!!…と思う。
上手にチュパチュパしてる
8日
初のカンガルーケア。胸に佑太弥を抱いたときはなんかホッとした。1時間ほど抱っこ…
鼻からの呼吸器も完全に撤去。
口から飲む練習はじめて5ccと少量からだけど上手に飲めたらしい
9日
明日macoだけ一足早く退院。
うーたんはいろいろ検査して、24日以降退院可能になる様子


。。。
現在、予定通りに退院して元気に過ごしてます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[2011/10/12 12:51] 未分類 | TB(0) | CM(0)

出産レポ 3 

後日、担当医から一連の流れの説明がありました…

『33wで陣痛が始まった可能性と前回帝王切開のため子宮破裂の危険性もあった。
早産対策も含め搬送されてきたので緊急帝王切開にも備え診察したところ、
モニター検査にて胎盤剥離の可能性が疑われ、緊急帝王切開になった。

横になっていた状態で部分麻酔が難しく座らせたところ、一時的にショック状態になった。
(このときmaco自身、呼吸できなくて慌てた記憶がある…)

開腹すると羊水がポートワイン色だったため、どこかで出血の恐れがあったが、不思議と胎児の袋は濁りがなかった。(だからうーたんは呼吸が弱かったものの無事だったみたい)
状況的におそらく搬送~モニターまでに剥離した可能性が高い。

胎児を出し、出血箇所確認したところ、子宮が鬱血状態で縮小傾向もなく、ヘモグロビンも通常の1/3程度となり輸血をした。
その間子宮全摘するか否かを収縮剤など使い観察したが少しずつ収縮にむかったので全摘回避となった。
ただ貧血がひどくいつどうなるかわからない状態だったため、結果的に輸血8人分、血清も8人分投与した。
今回の病名は
常位胎盤早期剥離
子宮弛緩出血
DIC

の3つになる』
と…

それから
『通常の胎盤剥離は出血が見られて早期対応できるが、今回は出血が見られず胎盤剥離がわかりにくい稀なケースで、私も30年以上出産に立ち会っているが初めてのケース。今のところ赤ちゃんも順調みたいだし、母子ともに命が助かってほんとによかった』
って…

やっぱりほんとにラッキーというか、恵まれてたようです。
うーたんは「もってる男」なのかも(笑)ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[2011/10/12 12:27] 未分類 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。